サイズ選びのキホン|ジーンズは洗濯でどれくらい縮むのか?

『ジーンズは洗濯でどれくらい縮むのか?』イメージ01

流行り廃りはありますが、最近は穿き込んで色落ちしたジーンズよりも全く色落ちしていいない綺麗目なジーンズが好まれています。

色落ちしていないジーンズには、大きく分けてノンウォッシュワンウォッシュの二種類があり、製造後に素のままで店頭に並んでいるのがノンウォッシュ、水通しまたは洗浄で糊を落した状態で並んでいるのがワンウォッシュと呼ばれます。

良く知られている事ですが、卸し立てのジーンズを洗濯すると大抵は縮みが生じます。コットン100%の昔ながらのジーンズほどその傾向が強く、製造後に水通しをするワンウォッシュには糊を落とすだけでなく、意図的に縮ませてサイズを安定させる効果があります。

実はこの部分にちょっとした罠が潜んでいて、この違いを知らないでノンウォッシュのジーンズを購入すると、後で大変な目にあってしまいます。

お店でフィッティングした時はジャストサイズだったのに、洗濯したらピチピチなってしまった…と言った失敗も多く、加えて裾直し済みだった場合などは目も当てられません。

10000円以上もする本格的ジーンズを取扱う専門店なら、ノンウォッシュかワンウォッシュかを購入前に選べますし、ノンウォッシュの裾直しは洗濯後にしてくれるのが普通です。

逆にユニクロや通販のジーンズではウォッシュの有無が分かりづらく、色落ち加工が一切施されていないインディゴデニムを購入する場合は、洗濯による縮みを考慮に入れたサイズ選びや裾直しが求められます。

前置きが長くなりましたが、今回は生デニムリジッドデニムとも呼ばれるノンウォッシュジーンズの洗い方や、実際にジーンズは洗濯でどれぐらい縮むのか?ジーンズを縮ませない方法はあるのか?その辺りにスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

ノンウォッシュジーンズの洗い方、ファーストウォッシュとは?

『ジーンズは洗濯でどれくらい縮むのか?』イメージ02

まずは、生デニム・リジッドデニムとも呼ばれるノンウォッシュジーンズの洗濯方法、所謂”ファーストウォッシュ”について説明します。

ファーストウォッシュは生地に付着した糊を落とし、ジーンズを縮み切らせるのが目的の洗浄方法で、ジーンズの裾直しは生地が縮んだファーストウォッシュ後に行います。

【1】ジーンズを裏返しにする(不自然な色落ちを防ぐ為と洗濯槽・乾燥機内への色移り防止)

【2】ジッパー・ボタンを全て留める(金具でジーンズ本体を傷めないようにする)

【3】他の洗濯物を混ぜない(色うつり防止)

【4】洗濯機で水洗いする(糊落としなので洗剤は不要、水は大目に)

【5】脱水後、乾燥機に裏返しのまま入れる(クッション用に不要なタオルを数枚入れる)

【6】乾燥機で仕上げ(生地が痛むので多用は禁物、初回のみが無難で業務用がベスト)

簡単にまとめると以上のような流れで行いますが、洗剤の有無や乾燥機の使用以外はよくあるジーンズの洗濯方法とそれほど違いはありません。乾燥機はコインランドリーにある業務用の方が一気に縮んでくれて、その後の洗濯によるサイズの狂いが押さえられます。

因みに、ジーンズを洗濯する事に関しては賛否両論があり未だに論争が続いている状態ですので、そのあたりは個々の判断にお任せしたいと思います。

ジーンズは洗濯でどれくらい縮むのか?

サイズ・サイズ感イメージ01

ファーストウォッシュでジーンズを縮ませる事は理解出来ましたが、実際にジーンズが洗濯によってどれくらい縮むのかを知らなければ、事前に余裕を持たせてサイズを選べません。

ジーンズの洗濯による縮みは部位によって異なり、ウエスト(腰周り)4~5%、ヒップ・渡り(尻・腿周り)2~4%、レングス(股下)4~6%といった割合で縮みが生じると言われています。

パーセンテージでは実感しづらいので、実際のジーンズである“USライン LEVI’S 501XX”ウエスト32インチ / レングス38インチのノンウォッシュジーンズを例にして説明してみます。

このままだとインチ表示で分り辛いのでセンチ表示に置き換えますが、ウォッシュ前とウォッシュ後で各部のサイズを比較してみると、ウエスト83cm⇒79cm、レングス93cm⇒88cm、ヒップ112cm⇒108cm、ワタリ29cm⇒28cmと言った変化が生じます。

当然、個体差はありますがサイズが洗濯の前後でウエストで4cm、レングスで5cm、ヒップで4cm、ワタリで1cmほど小さくなり、縦に長い部位ほど大きく縮むことが分ると思います。

部位別に1~2サイズ分は縮む結果なので、ノンウォッシュのリジッドジーンズを購入する際は実際の自分のサイズよりも、ウエストは1~2インチ大きめを選び、レングスは2~3インチ長めを選ぶのがポイントになりそうです。

最近は防縮加工を謳うジーンズも増えていますが、普通のジーンズと比べて縮みが半分で済む程度なので過信は禁物です。また、大半のジーンズブランドでは例にしたリーバイスと同程度の縮みで済みますが、一時代を築いた国産ジーンズブランド”EVISU/エヴィス”などは極端に縮みが大きく、レングスで3インチ以上も縮む事は珍しくないようです。

ジーンズの縮みは防げるのか?

『ジーンズは洗濯でどれくらい縮むのか?』イメージ03

誤って、ジャストサイズのリジッドデニムを買ってしまった方や、サイズ不足から股下が長いまま使い続けたい方など、ジーンズを縮ませない方法をあれこれ探している方がいるかもしれません。

いきなり結論から言うと、残念ながらその方法はありません。コットン100%のジーンズでは天然素材である以上、どうあがいても縮みから逃れる事は出来ないのです。

ウールなどには縮み防止の特殊な洗剤が幾つかありますが、ジーンズ専用の洗剤を使っても「色落ち防止」と「生地の保護」が主な目的で、縮みを防ぐような効果は残念ながらありません。

ネット上では洗い方や干し方を工夫することで縮みを軽減できる小技がいくつか紹介されていますが、ジーンズは雨や雪による湿気や人体から出る汗や水分でも縮みが生じてしまうので、例え完全に洗濯を避けたとしても着ているだけで徐々に縮んでいってしまうことになります。

救いのない結論で心苦しいのですが、どうしても縮ませたくないのなら「洗わない」というのが一番で縮みのスピードを落とす唯一の方法です。女性やキレイ好きの方には抵抗のある方法ですが、頻繁に着用しないならジーンズの洗濯は不要ですし、縮みを最低限に抑えられるかも知れません。

まとめ

未洗いのノンウォッシュジーンズはファーストウォッシュを経て、初めて本来着用するサイズに落ち着きます。全く色落ちしていない生デニムやリジッドデニムを購入する際はウォッシュの有無を確認し、ノンウォッシュの場合はウエストで1~2インチ、レングスで2~3インチ大き目のサイズを選ぶことを心掛けましょう。

因みに、色落ち加工が施されたジーンズは加工段階で十分にウォッシュされているので、購入後に縮みを心配する必要はありません。また、ポリウレタン混紡のストレッチジーンズもコットン100%のジーンズと比べて縮みづらくなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ボトムス
ベベナビ
タイトルとURLをコピーしました